News&Information

ショパンの里・コズミンスキー大学(ポーランド)との交流が進みます

2016-11-03

有名な音楽家ショパンが生まれた国・ポーランド。
ポーランドを代表するコズミンスキー大学との留学生交換、共同研究が大きく広がります。
11月2日、日本経済大学とコズミンスキー大学と学術交流協定調印式がおこなわれました。
調印式当日は日本経済大学の都築明寿香学長とコズミンスキー大学のコズミンスキー学長が参加しました。
コズミンスキー大学は世界有数のビジネススクールが有名です。
また、国際交流も積極的で、日本経済大学をはじめアジアからの留学生が増えることを期待しています。

 

また、研究面では日本の長寿企業研究をベースにした国際比較研究を行うことで〝持続可能な″日本の企業経営があらためて見直され、国際的に日本式経営に関する理解が深まることが期待されています。
 「100年企業」といったフレーズに代表される長寿企業研究は、国内外を問わず注目を集めています。コズミンスキー大学とは2016年1月から両校の取組みが始まりましたが、このたびの締結により一層連携の強化を推進してまいります。
 今回の提携の背景には、コズミンスキー大学のTomasz Ojniczak准教授が東京大学に留学中に長寿企業研究の専門家である後藤俊夫教授(現:日本経済大学大学院 特任教授)が寄稿したビジネス雑誌の記事を見つけ、帰国後に情報提供を求めコンタクトを取ったことが今回の学術協定のきっかけとなりました。