教員プロフィール 神戸キャンパス

渡辺 亨

渡辺 亨

渡辺 亨 TORU WATANABE

講師

大学生の4年間は、社会に出て活躍するための最後の準備期間です。
様々なことを学び、皆さんが立派な社会人となれるよう一緒に頑張りましょう。

◆略歴

学 部:熊本学園大学 商学部
大学院:熊本学園大学大学院 商学研究科
その他:熊本市都市政策研究所研究員(2013年~2016年)
学 位:博士(商学)

◆担当科目

商学、経営学、商業史、貿易史

◆専門分野

経営学(日本型経営論)、商学

◆趣味

映画鑑賞

◆所属学会・主な社会活動

神戸ユネスコ協会理事

◆主要著作・論文・発表等

論文:

  • 「神戸市におけるブランド形成―分析枠組みの検討―」『日本経大論集』、第46巻2号、2017年
  • 「企業の利益追求行動と倫理~石田梅岩を中心に~」『熊本学園商学論集』第14巻、第2・3号、2008年
  • 「江戸時代の社会的分業観念」『熊本学園商学論集』第15巻第3号、2009年
  • 「日本企業における信頼関係―老舗企業の事例と石門心学を中心として―」博士論文、2013年
  • 「現代企業における石門心学―株式会社半兵衛麩の事例―」『熊本学園商学論集』第18巻第2号、2014年
  • 「地域共有財の保全活動における民間企業と行政の連携―熊本地域の地下水保全事業の事例から―」『熊本都市政策vol.2』2014年
  • 「熊本地域の地下水保全にオ稀有NPOの役割」『地域における行政、医療及び福祉の現状と課題』2014年
  • 「熊本市に立地する企業の特性分析」『熊本都市政策vol.3』2015年

   

発表:

  • 「An analysis on Brand Formation in Kobe City ― In Case of FAMILIA Co, Ltd. ―」、The 7th AURCED-MARCED International Conference on Development Alternative、2017年3月27日 

   

共著:

  • 「『優良企業の条件』調査会調査結果レポート」『熊本学園大学産業経営研究所調査研究報告』第97号、2007年
  • 「環境ガバナンスにおける橋渡し組織の機能に関する研究―くまもと地下水財団を事例として―」『自治総研』第448号、2016年

   

学会報告:

  • 「江戸期商家の経営と倫理」日本経営学会九州部会、2010年
  • 「地域共有財の保全活動における民間企業と行政の連携―熊本地域の地下水保全事業の事例から―」日本公共政策学会、2014年
  • 「熊本地域の地下水保全におけるNPOの役割」非営利法人研究学会、2014年
  • 「熊本地域における官民挙動について―地下水保全事業の成立過程と今後の展望―」実践経営学会九州支部研究報告会、2014年
  • 「地場中小企業の経営と地方都市の環境問題―株式会社山内本店の地下水保全活動を事例として―」実践経営学会九州支部研究報告会、2015年
  • 「協働に関する概念的試論―熊本都市圏における官民協働事業を事例として―」非営利法人研究学会、2015年